オンライントレーニング!「ビートレ at home by B&」参加レポート!

ビートレ at home by B&の写真

本当はジムに通いたいけれど、ご時世的に難しい。子育てや仕事で、定期的にジムに行く時間がない。そんな人におすすめなのがビートレ at home by B&です!

4月25日に行われた、今野龍子先生のオンライントレーニングをレポートします。

 

「ビートレ at home by B&」とは?

「ビートレ at home by B&」は、Zoomを使って行います。オンラインでトレーニングをするのですが、トレーナーの先生の動きを真似するだけなのでとっても簡単です!

ビデオのON・OFFは自己判断ですが、ONにしておくと先生から動きや体勢の指導を受けることもできます。ZOOMのアプリがあれば携帯でも参加は可能です。

なるべく大きい画面で見たほうが、先生の動きも分かりやすいので、PCからの参加がおすすめ!

 

今回参加したのは、今野龍子先生のトレーニング!

4月25日に行われた「ビートレ at home by B&」は、今野龍子先生のトレーニングでした。

今野先生は、NIKE公認トレーナー・元プロキックボクサー・フィットネスインストラクター・IHTA認定 チャイルドボディセラピストで、オリジナルキックボクササイズを教えているインストラクターです。

当日は「お尻&下半身集中HIIT」をオンラインで直接指導してくださいました!どちらもTwitterアンケートで人気の高かったトレーニングです。

 

HIITってなに?

まずは今野先生に教えてもらう「HIITトレーニング」のHIITについて、10分間の説明がありました。

「High Intensity Interval Traning」の頭文字をとったもので、高強度の負荷を短時間で断続的に与えるトレーニングのことなんだとか。

ビートレ at home by B&の写真

少し辛いな…と感じるレベルの負荷を与え続けることで、「体力・持久力のアップ」「筋トレ効果」「ダイエット効果」「血管の若返り」「脳の老化防止」など、様々な効果を期待できるトレーニングなのです。

ビートレ at home by B&の写真

さらにHIITには、運動後も最大48時間からだが燃え続ける「EPOC効果」もあるので、運動中だけでなく、継続的に代謝をあげることができます!

 

4月25日「お尻&下半身集中HIIT」

ビートレ at home by B&の写真

この日は…

1セット目:お尻パート

①ヒップエクステンション
②ヒップリフトマーチ

2セット目:下半身パート

①フロッグジャンプ
②ボトムスクワット

で、お尻や下半身を鍛えました!

トレーニングに入る前に、それぞれの動きを説明してもらいます。動きのポイントや注意点を詳しく説明をしながら教えてもらえるので、とても分かりやすいです。

すべての動きの説明が終わったら、参加者全員で実際にトレーニングを開始!

 

お尻パート:①ヒップエクステンション

まずは、お尻パートの①ヒップエクステンション。

ビートレ at home by B&の写真

1.うつ伏せになって、両手は顔の横に
2.顎を引いて、おでこはマットにつける
3.お腹に力を入れて、つま先を外側に向ける
4.足を浮かせて、お尻に力を入れる
5.かかと同士を近づけて、外に開くを繰り返す

お尻のお肉が中央に寄っていくことを意識します。

だんだん膝が曲がってしまいますが、「膝をしっかり伸ばしましょう〜!」と先生から声がかかるので、正しい体勢に気づけました!

 

お尻パート:②ヒップリフトマーチ

続いて、お尻パートの②ヒップリフトマーチ!

ビートレ at home by B&の写真

1.仰向けに寝て、足を骨盤の幅に開く
2.膝の下にかかとが来るようにセットする
3.胸・お腹・膝が一直線になるようにお尻を持ち上げる(肩甲骨が浮くくらいまで上げると◎)
4.膝の角度は90度を保ちながら、上げて下ろすを繰り返す

・上げていない方のお尻に力が入っていること
・お腹をみながら動くこと

このことに注意すると良いそうです!

続けているとお尻が下がってきますが、胸・お腹・膝が一直線になっていることをしっかり意識しましょう。

 

下半身パート:①フロッグジャンプ

下半身パートの①フロッグジャンプ!

ビートレ at home by B&の写真

1.足を肩幅より少し広めに開いて、両ひじをまっすぐ下に伸ばす
2.指先がマットにつくところまで、胸を張りながら腰を落とす

ビートレ at home by B&の写真

3.そこから真上に向かってジャンプ!
4.繰り返す

マンション住まいでジャンプができない人は、「大きくバンザイをして腰を落とす」という動作を繰り返すと良いようです。できる限りスピードを上げて、素早く動くのがポイント!

 

下半身パート:②ボトムスクワット

最後は下半身パートの②ボトムスクワットです。

ビートレ at home by B&の写真

1.足を肩幅より少し広めに開く
2.胸を張って、もも裏と床が平行になる位置まで下げる
3.腕をまっすぐ伸ばして、上下にバウンスする

簡単な動きですが、これが意外とキツい…(泣)。猫背にならないように、しっかり胸を張るのがポイント!

ビートレ at home by B&の写真

今野先生はタイムを測りながら、ビデオ機能をONにしている参加者さんをチェックし、アドバイスをしてくれます。お尻が下がっていても自分では確認できないので、とても助かります。

ビートレ at home by B&の写真

トレーニングが終わったら、最後はストレッチ。

汗をかくくらい、かなりの運動量!使った筋肉をしっかりほぐしましょう。

 

「ビートレ at home by B&」に参加して、オンライン筋トレを楽しもう!

Zoomを使ったオンライン筋トレ、「ビートレ at home by B&」のレポートでした!

なかなか思うようにからだを動かせないご時世ではありますが、オンライン筋トレならおうちの中でできる本格的な筋トレをトレーナーさんに直接指導してもらえるので、かなりおすすめです。

参加しているみなさんと一体感も生まれますよ!とても楽しいので、ぜひ参加してみてくださいね。

ビートレはトレーニングプログラムの他にも、栄養セミナーやアスリートのトークイベントも開催しています。開催告知はB&のSNSでチェックしてみてください。

 

Twitter:@b_and_official
Instagram:@b_and_official
Facebook:B&(ビーアンド)

 

■B&の[email protected]ができました!

友だち追加

お友達登録をしてB&matesになっていただくと、モニター募集案内やイベントの割引コードを受け取れます。新規記事のご案内もお送りしています。

RELATED

PICK UP

NEW