BEAUTY NATIONとLIAが統合し、B&が誕生しました 
>> 詳しくはこちら

SUPを始めよう!楽しみ方や準備する物を紹介

SUPの写真

こんにちは、B&編集部のあんなです。

最近人気のマリンスポーツといえばSUP。SUPはStand Up Paddleboard(スタンドアップパドルボード)の略で、水上でボードの上に立つスポーツです。

私は数年前に発祥地であるハワイでSUPをはじめてからハマってしまい、毎年近場の海や旅先でよくするようになりました。今回の記事ではSUPをまだやったことがない方に向けて、SUPの楽しみ方や準備する物をご紹介したいと思います。

SUPを始める前に・・・

SUPボードを購入しなくても、必要なものをすべてレンタルできるショップやスクールが今はたくさんありますが、せっかくなのでボードの種類をご紹介します。
SUPのボードは、サーフィンのボードより幅があり、安定しているのが特徴です。ボードの種類は、サーフィンやレースに向いているハードボード、フィットネスや釣りなどに向いているインフレータブルボードがあります。

ハードボード

メリット:水上でしなりが少なく、安定感がありコントロールもしやすい。スピードも出やすい
デメリット:重くて持ち運びにくい。

インフレータブルボード

メリット:空気を入れて膨らませるタイプで持ち運びや保管しやすい。ゴム(PVC)素材でできているため、衝突したときもケガをしにくい
デメリット:水上で多少しなるためハードボードよりコントロールしにくい。

インフレータブルボードの中にも、オールラウンドタイプやフィットネスタイプ等の種類があります。何をしたいかによって適したボードを選びましょう。

他には、パドル(オール)、リーシュコード(足首につけ、体とボードをつなぐ紐)が必要です。

服装は、寒い時期や水温が低いときはウェットスーツを着ますが、夏場は水着で十分です。夏場の日差しが強いときには、ラッシュガードや帽子、サングラスなどを着用しましょう。

SUPを始めてみよう!

SUPの写真

はじめてSUPにチャレンジされる方は、スクールで教えてもらうことをおすすめします。

ただボードの上にたって漕ぐだけの簡単なスポーツと思うかもしれませんが、はじめは波や風で流され思っている方向に進まないということもしばしば・・・水上の上で動くにはコツが必要なのです。

また、万が一水上でトラブルが起ってしまった場合の対処方法なども教えてくれるので、1度はしっかりインストラクターの方に教えてもらいましょう。2時間くらいのレッスンで金額は5000円前後です。

また、まだ始めたばかりで自信がない方は、インストラクターの方と一緒に巡るツアーに参加するのもありです。じゃらんなどのまとめサイトで検索すれば、色んなスクールやツアーと比較ができ、予約も簡単です。

慣れてきた方はレンタルのみを利用して、自由気ままに水の上の景色を楽しみましょう!

SUPは多様な楽しみ方できるスポーツ

SUPの写真

SUPは、海や川でただ漕いで水上を進むだけのスポーツだと思っていませんか?ボードの上でヨガや釣り、パドルを漕ぎながらサーフィン等、自分次第で様々なことができるのも魅力です。

また、朝日を見ながらおこなうSUNRISE SUPや夕日を見ながらおこなうSUNSET SUPなど、時間帯を変えて楽しむこともできます。

私はボードのに座り、友だちとおしゃべりするゆったりとした時間を過ごすのも好きです。

安心して楽しむためには事前準備が大切

SUPは風にも大きく影響されるスポーツです。風の強さ潮の流れによってはあっという間に流され、ボードをうまくコントロールできなくなってしまう可能性があります。

旅先はもちろん、普段おこなっている場所でもその日によってコンディションは変わるので、必ず確認してから始めてください。道具をレンタルする場合は、ショップの方に確認すれば教えてもらえます。

しっかり準備できたらあとは楽しむだけです!SUPをおもいっきり楽しみましょう。

RELATED

PICKUP

NEW