BEAUTY NATIONとLIAが統合し、B&が誕生しました 
>> 詳しくはこちら

スーツに合わせられるジムバッグ8選!仕事帰りのジム通いにおすすめ

日々忙しく働くなかでも、キレイになるための時間は必要。スーツにも合うジムバッグがあれば、お仕事帰りにもジムに通いやすくなりますよね。今回はスーツにも合わせやすいバッグをご紹介!

濡れた衣服がバッグに浸みる心配なし!防水加工ありバッグ2選

晴れでも雨でも、行くと決めた日にはジムに行きたい!汗で濡れた衣服がバッグに染みるのは嫌!そんなあなたは防水加工がされていたり、濡れたものを入れられるポケットのついたジムバッグを選んでみてください。水が浸みて中身が濡れるというストレスもこれで解決です。

夏から秋にかけてのこの時期は急な雨も多く、荷物が多いジムの日に降られてしまうと、大きいバッグは傘に収まらず、中に入っているウェアやシューズ共々濡れてしまう恐れも…。そのようなときには、防水加工があるバックを選んでみてください!このバッグは、表面が完全防水の加工が施されているので、急な雨でも安心。メイン部分の開口部が大きいので荷物の出し入れもしやすいです。

 

メインの収納部分には、濡れた衣服と仕事道具を分けて入れられる大きめのポケットが2つあるため、仕事の資料などを濡らしてしまう心配がなくなります。また、下半部には、靴を2~3足収納できるポケットもあるため、荷物を一つにまとめたい派にはおすすめ!

 

かさばるシューズもまとめてひとつに!シューズポケットありバッグ2選

ジム用のスニーカーって結構場所をとりますよね。洋服みたいにくるくると丸めて小さくするということも出来ないので、シューズ用のバッグをもうひとつ持つか、無理やり1つのバックにまとめるか…。でも、ひとつのバッグにまとめるとなると、臭いも気になってしまう方もいるのではないでしょうか。そんなお悩みをお持ちの方は、シューズ用のポケットがあるバッグが解決してくれるはず!

シューズポケットや濡れた衣服を入れるポケット、乾いたものを入れるポケット等、分けて収納できるため、衛生面も便利さも兼ね備えているバッグ。取り外し可能なベルト付きでショルダーバッグとしても使用できる2way仕様です。

 

上段と下段に仕切りがあり、底の部分にシューズをしまえるスペースがあります。使わないときは底の部分を折りたたんでコンパクトサイズにすることも可能!持ち手が長めになっているので肩にかけても圧迫感が少なく、荷物が多くなっても持ちやすいです。

 

仕事道具もジム道具も一つにまとめたい派!PCポケットがあるバッグ2選

荷物は一つにまとめたいけど、パソコン、書類、タブレットなどの仕事道具が多い方は、ポケットが多いジムバッグがおすすめ。整理整頓ができるというメリットだけではなく、バックによっては衝撃吸収のクッションがついているPCポケットもあるため、大切なPCも安心して入れられます!

クッション機能のついたPCポケットが付いているのでパソコンの持ち運びも安心。背負う部分にはメッシュ素材を使用しているため、ムレる心配がないのも嬉しい!

 

メインの収納部分には、15.6インチのPCが入るポケットを含め、4つの収納ポケットがあり。ウェア、靴、A4サイズの書類などを一緒に入れられるサイズなので、サブバックを持つ必要はなさそうです。

 

荷物が多くなりがちな方におすすめ!500g前後の軽量バッグ2選

荷物が多いと肩に負担がかかって大変…。そうわかっていても、必要なものをあれこれ入れるとバッグが重くなってしまった経験はありませんか?普段から荷物が多めの方は、軽めのバッグを選んでみてください。500gは、500mlのペットボトルとだいたい同じくらいの重さなので、そのくらいを目安にバッグを選ぶと、普段より肩の負担を多少減らせることができるはずです。

550gの軽量バッグ。収納が3つに分かれているので、シャンプー類などの小物、ウェアやタオル、化粧品などの整理整頓がしやすいです。

 

重さはなんと322g。りんご1つ分ほどの重さしかないのに、外側に水筒やスマホを収納できる独立したポケットもある優秀バッグ!9色から選べるのも嬉しいポイント。

今回はスーツにも合わせやすいジムバッグをご紹介しました。オフィスシーンにスニーカーやリュックスタイルが広まっているのは、ワークアウト女子にとって嬉しいですね。ぜひ自分に合ったお気に入りのジムバッグを見つけて、仕事も自分磨きも楽しく両立しましょう。

RELATED

PICKUP

NEW