“発掘”待ちになるな。NIKE『ファントムキャンプ』でアスリートが学ぶべきこと

永里優季選手の写真

高校女子サッカー選手が、女子トッププレーヤーから実戦形式で技術を学ぶ『ファントムキャンプ』が豊洲で開催されました。主催は、第28回全日本高等学校女子サッカー選手権大会をスポンサードする株式会社ナイキジャパン。同大会決勝戦後に発表された招待選手7名と、NIKEからの推薦1名の計8名の高校生と、NIKEアスリートの永里優季選手(シカゴ・レッドスターズ)、三浦成美選手(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)、宮川麻都選手(同)が同じグラウンドで汗を流しました。

女子アスリートの活躍の場を

このキャンプは、女性アスリートがもっと活躍する社会を築くために、株式会社ナイキジャパン(以下、ナイキ)が行なっている様々な活動の一貫として開催されました。このキャンプを通じて選ばれた2名は、浦和レッズレディースの練習に参加できるという、大きなチャンスが与えられます。

ファントムキャンプの写真

招待選手は、キャンプの二日前に発表されたばかりの、スパイク『ファントム ビジョン2』を履いて練習に臨みました。このシューズの特徴の一つは、ボールコントロールを高める素材構成。サッカーの動きに合わせ、内側のトラップゾーン、ストライクゾーン、ナックルゾーン、ドリブルゾーンの4つにシューズ表面を分類し、それぞれの部分の素材構成を調整しています。

ファントムキャンプの写真

永里優季選手インタビュー「高校サッカーが全てではない」

永里優季選手の写真

ー「ファントムキャンプ」についてどう感じましたか?

永里選手
実際にトップレベルの選手と一緒に練習をして、強豪チームの監督に指導してもらえるというチャンスはなかなかないですよね。非日常の時間で感じたことを刺激にして成長していってほしいと思います。

ファントムキャンプの写真

ー今日はどのような点で選手を見ていましたか?

永里選手
ファーストタッチの質といったプレー面。そして積極性ですね。トップ選手を前にして、どれだけ積極的に技をしかけてこれるか。サッカーそのものを楽しんでいるかどうか、といった表情も見させてもらいました。

ーこれから永里選手のように世界で活躍したいと考える選手たちに、高校3年間の過ごし方のアドバイスはありますか?

永里選手
まず、高校3年間という区切りで成功・失敗を決めないこと。高校サッカーが全てではありません。その先もサッカーは続きます。3年間を無駄にしないという気持ちも大事ですが、3年でレギュラーが取れなかったからダメ、みたいな考え方はしないでほしいですね。

ファントムキャンプの写真

ー女子アスリートが、今以上に応援されるようになるには何が必要ですか?

永里選手
今はまだ発信が足りていないと思います。自分が何にチャレンジしているのか。その目的は何なのかをもっと考えて、言葉にして伝える力が必要です。

よく女子アスリートは、“働きながら頑張っている”というのが美談にされますが、それがいいとは全く思っていません。自分の挑戦に対する応援者を増やすためにも、まずは“自立”を女子アスリート自身が意識する。その上で自分を「知ってもらう」ために、発信を増やしていかなければいけないと思います。

宮川麻都選手インタビュー「もっと視野を広げたい」

宮川麻都選手の写真

ー「ファントムキャンプ」についてどう感じましたか?

宮川選手
日テレ・東京ヴェルディベレーザの永田雅人監督の指導を受けられるのは、高校生にとってはすごく貴重な機会。アピールができれば、さらに次のチャンスが与えられるというのも、大きなモチベーションになると思います。

ー自身の高校生時代を振り返っていかがですか?

宮川選手
私はクラブチーム(日テレ・メニーナ)に所属していたので、部活を経験したことがないんです。授業が終わったらすぐ練習に行くという毎日だったので、サッカー以外の友だちと遊んだり、いろんな人と関わったりしてみればよかったな、とたまに思います。

宮川麻都選手の写真

ー今は大学生活とサッカーを両立していますね。

宮川選手
はい、大学では違う競技の選手と話すことが増え、刺激になっています。練習で遅くなった次の日の朝に授業があると少し大変ですが、学生なので勉強も頑張らないと。

ー最近周りで流行っていることは?

宮川選手
そういうの全然わからなくて(笑)。テレビも見ないので、何が流行っているとかわからないんですよね。いつも教えてもらっています。

ー卒業後のイメージはありますか?

宮川選手
チームメイトの籾木結花選手は、企業で社会人としての経験を積みながら、選手としても活躍していて憧れています。すごすぎて、真似できないんじゃないかと思うくらい(笑)。本日ご一緒した永里選手は、足元の技術だけではなく、体の使い方の大切さをTwitterでも発信しているので、もっといろんな視点を身につけたいです。

宮川麻都選手の写真

今回のキャンプの名前にもつけられた「ファントム」とは、試合を掌握し、決定的な仕事をする存在のこと。「ファントムキャンプ」は、全国の「ファントム」を発掘する取り組みとして、2018年に男子高校生向けに行われました。招待選手にはトッププレーヤーとのトレーニング参加権やヨーロッパ遠征など、さらなる成長のチャンスが待っています。与えられた役割や、今いる環境にとらわれずに自分をアピールすることで、頭一つ抜き出た存在へ。次の「ファントム」はあなたかもしれません。

ファントムキャンプの写真

RELATED

PICKUP

NEW