ジムで使うシューズ、なんとなく選んでない? 種類が豊富だからこそ、自分にぴったりの1足を選びたい。今回は、ジムでトレーニングする際のシューズの選び方やポイントをご紹介!

シューズ選びは運動内容に合わせて

もちろん運動用に設計された靴ならなんでもいいという訳ではない。トレーニング内容によって、足への負担のかかり方が異なるため、選ぶべきシューズの特徴も異なってくる。自分がメインで行う予定のトレーニングに合わせたシューズを選ぶのが大事。

有酸素運動多めなら、ランニングシューズ

トレッドミルを使ったランニングをはじめ、有酸素運動をメインで行いたいという人は、ランニングシューズを。ランニングシューズは、着地・蹴り出し時の前後の動きに対応できるようになっているのが特徴。

前後の重心移動がスムーズに出来るように、かかととつま先のソールの厚みに差が大きいものが多い。また、膝や足首への負担を減らすためにクッション性も高く作られている。

筋トレメインなら、トレーニングシューズ

筋トレをメインで行う予定の人には、ランニングシューズのような前後の動きに対応したものではなく、あらゆる方向の動きに対応するグリップ性に優れたトレーニングシューズがおすすめ。

力をフロアに伝えやすくするためにソールはフラットになっているものが多い。また、安定性の高さを求めた作りになっているのも特徴。

有酸素運動も筋トレもやりたい人は?

有酸素運動と筋トレ、せっかくジムに行くなら両方やろうと思っている人も多いはず。かといって、そのためにシューズを2足も用意するのは難しい。そんなときは、レベルが高いほうの運動種目に合わせて選ぶのがおすすめ。

たとえば、トレーニングシューズでランニングをしてもOK。だけど5km以上の長距離を走るならランニングシューズの方がベター。
逆に、ランニングシューズで筋トレをしてもOK。だけどウェイトトレーニングのような高負荷な筋トレをするならトレーニングシューズの方がベター。

ランニング派におすすめシューズ5選

adidas:PureBOOST DTR

シティランに適した広めのプラットフォームで、コンクリートの上でも安定して走れる。スウェード素材のタンや、ニット素材のアッパーの絶妙な色合い、シャープなシルエット。シンプルながらデザイン性が高く、タウンユースでも浮かないのが嬉しい。

NIKE:NIKE AIR Zoom Pegasus 35

ロングセラー、ズームペガサスシリーズの35代目。クッション性の高いソールと柔らかいインソールで、まるでスポンジの上に立っているような感覚に。履き口の後部を反らせた珍しいデザインは、アキレス腱を快適に保ってくれる働きも。ネオンカラーのロゴもポイント。

UNDER ARMOUR:HOVR SONIC

柔らかすぎないソールが特徴のランニングシューズ。安定感と耐久性のあるソールのため、長距離ランにも向いている。一般的なランニングシューズは柔らかすぎると感じる人におすすめ。


asics:fuzeX KNIT

スポンジとゲルを混ぜた軽量の衝撃緩衝剤を使ったソールが特徴。カラフルな色を組み合わせたニットアッパーの可愛らしさを、ブラックのラインが引き締めてくれる。

On: Cloud X

スイス生まれのランニングシューズ・ウェアのブランド「ON」のシューズ。ソールに配置されたパーツの1つ1つがランナーの足の動きに合わせて衝撃を吸収してくれる。シンプルなカラーから、コーデのポイントになるような大胆なカラーまで、色展開も豊富。

筋トレ派におすすめシューズ5選

UNDER ARMOUR:Speedform AMP 3.0

世界初の一体成型技術で、包み込むようなフィット感を実現。構成パーツを減らすことで、重くなりがちなトレーニングシューズも軽量に。ラバーを含んだソールは薄いのに反発性が高く、軽量で低重心。安定感も抜群の一足。

adidas:PureBOOST X TRAINER 3.0

ランニングシューズのシリーズ「PureBOOST X」に横方向の動きへの対応力をプラスしたトレーニングシューズ。土踏まずの安定性・通気性・フィット感を高めるために、土踏まず部分のアッパーとソールが切り離された構造に。ブラウンとピンクのカラーリングも珍しい。

NIKE:NIKE FREE TR Flyknit 3

従来のモデルよりもフラットな幅広ソールで、安定感が抜群。ニット素材なので通気性やフィット感も◎ パステルグリーン×ホワイト×ピンクの色合いも可愛い。ガーリーな印象のシューズが欲しい人におすすめ。

Reebok:CROSSFIT NANO 8.0

クロスフィットナノシリーズの第8弾。8種類の異なる繊維を8の字に織り込んだ素材で、耐久性・柔軟性・通気性を確保。クロスフィットのために作られたシューズで、ウェイトもマシンもスタジオプログラムも満遍なくやりたい人向け

写真のカラーは、クロスフィットトレーナーのAYAさん着用モデルのホワイト×スカルグレー。

PUMA:DEFY MID VARSITY

ファッショナブルな厚底ソールが目を引くトレーニングシューズ。高反発のソールが運動時の快適性を高めてくれる。フィット感を高めるクロスバンドを留める、ゴールドのバンドクロージャーもポイント。洗練された印象に。

Instagramの#bnt_doneでポスト

Instagramで【#bnt_done】でお気に入りのシューズをポストして♡
ウェアやトレーニングギアのポストも大歓迎。
BEAUTY NATION内で紹介されたり、編集部からメッセージが来たりすることも:)

この記事で紹介した商品