mai&hanaのトークライブイベントの画像

これからヨガを始めようと思っている人も、今年始めたばかりで冬のヨガウェアに迷っている人も、これを読めば大丈夫! ヨガウェア選びのポイントやおすすめ商品をご紹介します♡ 
トークイベントでmaiとhanaがコーディネートしたアイテムも必見!

maiとhanaが選ぶヨガコーデ

2018年11月23日(金)に開催されたトークイベントで、おすすめヨガウェアをmaiとhanaがコーディネート! 柄ものの上手な取り入れ方がポイント♡

ショート丈ガウンがポイント!

コーデ例1の画像
NIKEのショート丈ガウンで、寒がりさんにおすすめのあったかコーデ。ブラトップの上に羽織るもよし、ジムやヨガスタジオの移動着としても着てもよしで、maiとhanaもお気に入りのアイテム。色味が落ち着いているので意外と合わせやすい宇宙柄のレギンスで、他の人と差をつけて。

■コーデ内容
フリースジャケット:NIKE「ロングスリーブ フリース トレーニングトップ」
レギンス:Reebok「ワンシリーズ LUX OILSLICK グラフィック タイツ」
ブラ:NIKE「ナイキ インディ シャイン」

ワインレッドの同色系コーデ

ランニングコーデ例1の画像
ゆったりとしたタンクトップにワインレッドのブラトップをイン。レギンスにも同色系のカラーをちりばめて統一感を。ブラックを基調としたレギンスなので、派手になりすぎず大人っぽい仕上がりに。
ブラトップ1枚に抵抗がある人は、無地のタンクトップを合わせてもGOOD。
※写真左のコーデ。

■コーデ内容
タンクトップ:DANSKIN「yogi フレアタンク」
レギンス:Reebok「ヨガ グラフィックタイツ」
ブラ:Reebok「キレイフィットブラ ヘザー」

ヨガウェアの選び方:トップス編

動きやすいデザイン・素材

さまざまなポーズをとるヨガでは、動きやすさが大事。ストレッチ性のある素材や、脇が大きく開いたデザインなど、動きの邪魔をしないトップスを選ぼう。

試着するときには、腕を大きく回す・両腕を上げるといった動きをしてみて、窮屈感がないかチェックしてみて。

胸やお腹が見えないもの

前にかかんだり四つん這いになったときに、胸元がガバッと開いてしまうことがある。また、ダウンドッグのポーズなどでは、お腹が露わになってしまう場合も。周りの目が気になって集中できないこともあるので、胸元やお腹が見えないような工夫をしよう

ゆったりめのトップスを着るなら、見えてもOKのブラトップやカップ付きインナーを。動きに集中できるように、ノンワイヤーのスポーツブラがおすすめ。

吸汗・速乾性のある素材

リラックス系のヨガではそこまで気にしなくても大丈夫だけど、運動量が多いパワーヨガや、大量の汗をかくホットヨガをやる場合は、吸汗速乾性にすぐれた素材を選んで。綿素材のTシャツのような汗を吸収してしまい乾きにくいものだと、じっとりとした不快感がある、汗ジミが目立つ、汗で体が冷えるなどのデメリットが。

冬は長袖もOK

運動量がそこまで多くないリラックス系のヨガは、冬は冷えを感じる場合も。寒がりな人は、長袖のトップスや羽織ものがあるとベター。カーディガンやガウンなど、羽織るものが1枚あると、途中で調節もしやすいので便利。

ヨガウェアの選び方:ボトムス編

ストレッチ性のある素材

ヨガは足を組んだり大きく開いたりする動きが多い。ストレッチ性のない素材のボトムスだと、服が邪魔をして正しくポーズが取れないなんてことも。試着の際は、あぐらを組んだり開脚したりして伸縮性をチェック。おしりや膝のあたりにひっかかりを感じないものを選んで。

寒いときはレッグウォーマーを

リラックス系のヨガでは、冬は冷えを感じる人も。そんなときは、簡単に着脱ができるレッグウォーマーが便利。脱ぐ必要がなさそうな人は、履いたままでヨガができて足の甲までカバーできるトレンカタイプを。

ホットヨガなら吸汗速乾

トップス同様、ホットヨガやパワーヨガなど汗をかくヨガの場合は、吸汗速乾素材を選ぼう。特にホットヨガでは全身で汗をかくので、綿素材だと不快感が大きいはず。ゆったりめのボトムスより、フィット感があって吸汗速乾素材のレギンスがおすすめ

普段着で代用できる?

ホットヨガやパワーヨガなど、運動量が多く汗をかくヨガでは、普段着で着るような綿素材のTシャツや、スウェット・ジャージなどは避けて。汗を吸収して重くなったり、不快感を感じたりしてしまう。

おすすめトップス

バタフライスリーブで二の腕カバー

長めのバタフライスリーブで、気になる二の腕をカバーしながら可動域の広さを確保したアイテム。裾はシャーリングできるので、お腹がめくれ上がる心配もなし。左腕にうっすらと入った柄もポイント。

ゆったりシルエットでリラックス感を

フェイクレイヤードデザインのフレンチスリーブTシャツ。ゆったりとしたシルエットで気になるボディラインを隠しながらも、裾に向かって細くなるデザインがめくり上がりを防いでくれる。ブラックワインの絶妙な色合いが大人っぽい。同シリーズのジニーパンツと合わせるのもGOOD!

セパレートでもOK!タンク付きTシャツ

薄手のTシャツとカップ付きタンクトップのセット。裾脇にシャーリングの入った薄手のTシャツからはあえてインナーを透けさせて。もちろんセパレートでも着られるので、コーデの幅も広がる、お得なアイテム。

おすすめブラトップ

ベーシックなブラックは、ストラップで主張を

1枚は持っていると便利なブラックのブラトップ。ベーシックな色のアイテムは、形で個性を主張したいところ。細い4本のストラップが背面でクロスするこちらのブラトップで、ワンランク上のコーデに。
NIKE(ナイキ)フェイバリット ストラッピー ブラの背面の画像

初心者もトライしやすい長め丈

ブラックの次に買うなら、キレイ色ブラトップ。淡い色合いで優しいコーデにまとめてみて。ブラトップ1枚のスタイルに抵抗がある初心者でもトライしやすい長めの丈

伸縮性抜群で軽いつけ心地のこちらのブラトップは、ナイトブラとして使ってもOK! 同シリーズのカップ付きタンクトップもおすすめ。

同柄のレギンスと合わせても◎

ぼやけた雲のような柄が個性的な、主役になれるブラトップ。レーサーバックなので、動きやすさもばっちり。同じ柄のカップ付きタンクトップやレギンスも。上下で合わせてコーディネートするのもおすすめ

ブラトップの選び方やおすすめ商品がもっと見たい人は、こちらの記事をチェック!

おすすめ長袖トップス・アウター

スポーツウェアに進化したライダースジャケット

ジムへの行き帰りにも使えるソフトな肌触りのライダースジャケット型のアウター。ストレッチの効いた素材で、タイトすぎず緩すぎない着心地は、もちろんヨガ中の羽織ものとしても活躍。

首元のジップは上まで上げてもいいし、下げて着てもOK! さまざまな着こなしを楽しめる。

短め丈のトップスでスタイルアップ

ドロップショルダーのデザインでリラックス感のある長袖トップス。綺麗なラベンダーカラーもポイント。短めの丈でウエストをチラ見せしてスタイルアップを狙おう。

冷えが気になる人は、丈の長いカップ付きキャミソールをインするのもおすすめ。

機能性抜群の万能パーカー

吸汗速乾、抗菌防臭、UVカット機能のあるストレッチ素材を使用したパーカーは、オールシーズン使用可能。ベーシックカラーで何にでも合わせられるのも嬉しい。ワークアウトだけでなくデイリーシーンでも活躍してくれること間違い無し。

おすすめレギンス

汗をかいてもOKのメッシュ切り替え

汗をかきやすい膝裏にメッシュ素材を採用した、通気性抜群のレギンス。もちろん膝裏以外も吸汗速乾素材なので、ハードなワークアウトやホットヨガでも大丈夫。伸縮性にも優れているので、どんなポーズにも対応できる。

モノトーンコーデをさらにクールに

普段着ではボトムスに取り入れにくい思い切った柄も、トレーニングウェアなら大丈夫。墨を流したようなクールな柄のレギンスは、同じくモノトーンのトップスと合わせてさらにかっこよく着たい。

レギンスとショートパンツのセット

タイイチスタイルに抵抗がある人は、ショートパンツと合わせるのもおすすめ。こちらのショートパンツはメッシュ素材なので、重ねて履いても蒸れにくい。吸汗速乾・防臭素材なので、ホットヨガでも安心。

おすすめのレギンスがもっと見たい人は、こちらの記事をチェック!

おすすめゆったりボトムス

ベーシックなサルエルパンツは1着目に

程よくゆったりとしたデザインの、シンプルなサルエルパンツ。どんなトップスにでも合わせられるため、ヨガウェアの1着目におすすめ。吸汗速乾・防臭効果もあるので、少しハードなトレーニングでも大丈夫。

冷える足元もカバーできる2WAY

腰回りがゆったりとして足首部分が細身のジニーパンツ。寒いときにはトレンカのように履けるヒールホール付きの2WAY。ウエストのストラップを引けば変化を楽しめる。先程ご紹介したトップスと同シリーズなので、セットアップのように着ても可愛い。

おすすめヨガウェアブランド

HUITEME

HUITIEME(ウィッテム)とは、フランス語でパリ8区のこと。スポーツスタジオが多いこのエリアには、ファッションとスポーツを同じ感覚で楽しめるパリジェンヌがたくさん。大人の女性のフィットネスシーンをサポートしてくれるブランド。

デザイン性の高いトップスが多く、ヨガスタイルもファッショナブルに。


ヨガマットやバランスボールなどの小物も充実。


タウンユース用のアウターや、オンライン限定商品もたくさん!
HUITIEMEのアイテムがもっと見たい人は、こちら!

VANAPH by HUITIEME

HUITIEMEの姉妹ブランド「VANAPH by HUITIEME(ヴァナフ バイ ウィッテム)」のコンセプトは「Make Life More Beautiful」。機能性とデザイン性を両立させたワークウェア。柔らかく女性らしいイメージのウェアが多いのが特徴。

DANSKIN

ニューヨーク生まれのブランド「DANSKIN(ダンスキン)」のヨガウェアも定番。「ダンス(dance)」と「スキン(skin)」を合わせたブランド名は、第二の肌のような着心地のウェアでダンサーを包みたいという願いが込められている。

美しいシルエットと柔らかい着心地のDANSKINのウェアで、心地よいワークアウトを。ストレッチ性だけでなく、速乾性や防臭効果があるのも嬉しいポイント。

NIKE

アメリカに本社を置く世界的なスポーツブランド、NIKE(ナイキ)のヨガウェアもおすすめ。伸縮性にすぐれたNIKEのヨガウェアなら、どんなポーズも思いのまま! モノトーンのクールなコーデが好きな人に。

Reebok

Reebok(リーボック)はイギリス発祥のスポーツブランド。今回のトークライブイベントでのコーデでも多くのアイテムを使用。さまざまなスタジオプログラムからホットヨガまで対応するウェアを展開。人とは差をつけたい人におすすめしたい柄物のアイテムが多い。

まとめ

ヨガウェアをゲットすれば、もっと快適に・楽しくヨガが出来ちゃう! maiとhanaのコーデも参考に、あなたのお気に入りを見つけてね!

mai&hanaのトークライブイベントの画像

今回maiとhanaが訪れたのはスーパースポーツゼビオ渋谷公園通り店。
ヨガウェアが豊富に揃っている店舗にも、ぜひお越しください♡

スーパースポーツゼビオ渋谷公園通り店
住所:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町19-3
営業時間:11:00~21:00
Instagramアカウント:@xebio_sby
 
ヨガについては、こちらの記事もおすすめ。

この記事で紹介した商品