【ビートレ動画#13】元キックボクサー今野龍子さんの背中の引き締め&くびれ作り!キックボクシングエクササイズ

B&読者の皆さんのトレーニング習慣を人気トレーナーが動画でサポートする「ビートレ」。しっかり動いて気合いを入れたい週始めの月曜日。あえてハードめのメニューを取り入れて、週末気分が抜けない頭とからだをリフレッシュします。

早速今夜から、人気トレーナー今野龍子さんと一緒にビートレしましょう!

ビートレ(月曜日)について

今週も始まったけど、なんとなく力が入らない…。そんな時にぴったりなのがビートレ、月曜日!元キックボクサーで現在はトレーナーとして活躍する今野龍子さんが、優しい笑顔でバシバシ追い込み、気合いを注入してくれます。

■笑顔がまぶしい今野龍子さんの記事はこちら

ビートレ動画#13(月曜日)背中の引き締め&くびれ作り!キックボクシングエクササイズ

今回は背中を引き締め、くびれを作るトレーニングメニュー。

キックボクシングとインターバルトレーニング(30秒動いて10秒休憩×4セット)を組み合わせてシンプルな動作を繰り返します。

ストレス発散、肩こり解消、脂肪燃焼、ボディメイクなどの効果が期待できます。

・肘
・ボディ打ち

「肘」のやり方とポイント

①足を骨盤幅に開いて右足を半歩後ろに引き、両手で拳を作り顔の横に添えます。両膝を軽く曲げ、お腹に力を入れた状態がスタートポジションです。

②肘を曲げた状態で左腕を肩の高さまで持ち上げ、拳を素早く胸の間に運びます。肘を相手の目頭に向かってヒットさせるように動かしましょう。

繰り返しましょう。

★ポイント
・肩甲骨がストレッチされているのを感じながら腕を素早く動かす
・呼吸は吐きながら打ち込む

「ボディ打ち」のやり方とポイント

①足を骨盤幅に開きいて右足を大きく後ろに引き、両手で拳を作り顔の横に添えます。顎を引いて両膝を軽く曲げ、上半身の重心を前に置いた状態がスタートポジションです。

②背骨を軸にして右肩を内側に入れながら、相手の右腹をめがけて打ちます。

繰り返しましょう。

★ポイント
・呼吸は吐きながら打ち込む
・肩の回転を意識して素早く打つ

★もっとハードにしたい人向けの発展法
インターバル中にスクワットジャンプを行いましょう。スクワットジャンプのやり方はこちらの動画でご紹介しています!

カウント方法

①「肘」30秒→休憩10秒

②「ボディ打ち」30秒→休憩10秒

③ ①と足を反対にして「肘」30秒→休憩10秒

④ ②と足を反対にして「ボディ打ち」30秒→休憩10秒

この流れを1セットとし、合計4セット行います。ポイントをよく確認し、正しい姿勢で行いましょう。

わからないことややってみた感想などは、気軽にYouTubeやインスタグラム にコメントしてくださいね!

トレーナー今野龍子さんのウェアもチェック!

動画内で着用しているウェアはすべてNIKEのもの。

鮮やかなライムカラーのプラトップに、オレンジのロゴがアクセントのライトグレータイツ。落ち着いたカラーのキャップやシューズとの相性抜群です。

おしゃれなウェアでトレーニングへのモチベーションを上げたい!という方はぜひチェックしてみてくださいね。

【トップス】ナイキ スウッシュ
(色:ライムライト/ブラック)
NIKE公式サイトを見る

【ボトムス】ナイキ ロングタイツ
(色:アイアングレイ/HTR/ブラック/セーフティオレンジ)

【シューズ】ナイキ フリー X メトコン 2
(色:ヴァレリアンブルー/フォトンダスト/ブラック/ビビッドパープル)
NIKE公式サイトを見る

 

■トレーナー紹介

今野龍子さんのプロフィール写真

今野 龍子(こんの りゅうこ)

NIKE公認トレーナー/元プロキックボクサー/フィットネスインストラクター/IHTA認定 チャイルドボディセラピスト

1985年千葉県生まれ。小学校から青春時代までバスケットボール部に所属。卒業後は近所のキックボクシングジムにダイエット目的で通い出すも、偶然観戦した「女性同士の試合に刺激され、自分自身もプロのキックボクサーとなる。20戦近く戦いその階級の1位まで上り詰めたが、大切な試合で大怪我を負い引退。その後、キックボクシングをバックボーンにオリジナルキックボクササイズを教えるインストラクターとなる。

■過去のビートレ動画(月曜日)の記事

■B&公式YouTubeチャンネル

チャンネル登録&グッドボタン、お待ちしています♪
公式YouTubeで動画をもっと見る

RELATED

PICKUP

NEW