骨盤クッションの画像
ダイエットや筋トレでスリムな体型になったものの、姿勢の悪さで損している人も多いのでは? 悪い姿勢の代表格・猫背や反り腰を直すなら、姿勢と密接な関係がある骨盤の歪みをなくす(骨盤を矯正する)のが王道の方法。

骨盤クッションは、座るだけで骨盤を正しい位置に導き、背筋を伸ばすのをサポートしてくれるグッズ。正しく選べば仕事中や運転中にも使えるので、効率良く姿勢を直していくことが可能。今回は骨盤クッションの正しい選び方やおすすめ商品をご紹介

姿勢と骨盤の関係は?

脚を組んで座ったり、パソコンの画面を見るために前のめりになったり、重いトートバックを一方の肩にかけたりして、無意識に姿勢を崩していることがあるはず。一時的であれば問題ないけれど、習慣化するに従い、崩れた姿勢に合わせて骨盤が歪んでしまう

本来まっすぐに上向きのはずの骨盤が歪むと、体のバランスがとりづらくなり、無意識にからだの他の部位を突き出したり、引っ込めたりしてバランスをとるようになる。それが見た目が美しいとは言えない猫背や反り腰、出っ尻といった姿勢に定着していくというわけ。さらに、骨盤の歪みに合わせて楽な姿勢をとろうとすることで、さらに姿勢が悪くなっていくという悪循環も・・・。

骨盤矯正でダイエットできるって本当?

残念ながら、骨盤矯正で脂肪が落ちるわけではない。でも、歪んでいる骨盤が正常な上向きの状態に戻れば、お腹が痩せて見えることはある

そのヒミツを握るのは、骨盤の底にある筋肉「骨盤底筋群」。この筋肉の役割はハンモックのように内臓を支えること。でも、骨盤が歪んでいると骨盤低筋群の動きが制限されるため、次第に衰えていき、内臓を十分に支えられなくなってしまう。支えがなくなった内臓の位置は下がっていき、下腹をぽっこりと膨らませる原因に。

骨盤矯正によって内臓を正しい位置に戻せば、内臓の働きも活発になる。姿勢がよくなるだけでなく、健康にもGOOD!

だけど、脂肪を落とすためにはやはり地道な運動が必要。ダイエットを目的とする場合は、骨盤矯正と並行して筋トレと有酸素運動をおこない、余分な脂肪を落として。

骨盤クッションの選び方

筋トレやストレッチによる骨盤矯正とは違い、骨盤クッションは「ながら矯正」ができるのが最大の魅力。仕事中や運転中、家事の間にうまく取り入れて、効率よく骨盤矯正をしよう。

オフィスの椅子で使うなら座り心地も考えて

すでに骨盤が大きく歪んでいる人が、矯正力が高い固い素材でできた骨盤クッションを使うと、痛みを感じる可能性が。かといって柔らかすぎるものも、骨盤を支える力が弱く、効果が少ない。日中のほとんどをオフィスの椅子で過ごすなら、座り心地と矯正力の両方にこだわって選ぼう。

体格、骨盤の状態は人それぞれ。どれが自分に合うかわからないときは、フィット感が高めのものを試してみて。例えば、低反発素材のもの空気を入れて使い、空気量を調整できるものがおすすめ。

ハードに矯正するわけではないので効果を実感をできるまでは少し時間がかかるかも。だけど、痛みのあまりデスクワークに集中できない、なんてことは避けられる。

床で使うなら座椅子を選んで

床に置いて使うなら、座椅子タイプを検討して。背もたれがないものよりも、骨盤を正しい位置に維持しやすい。テレビを見ながら使ったり、食事をしながら使ったりするのであれば、長時間使っても疲れにくい、背もたれが高いものを選ぶとGOOD!

背もたれが低いものだと姿勢を維持するのに腹筋が必要。長時間の使用は少し疲れるけれど、骨盤矯正と腹筋トレーニングが同時にできちゃう。ダイエット中の人は、あえて選んでみるのもいいかも。

運転中に使うなら車専用を選んで

骨盤クッションは運転中にも使えるけれど、運転に支障をきたさないものを慎重に選ぶ必要がある。

特に重要なのが座席シートに固定できるストラップで、クッションと一緒にお尻がずり落ちるのを防いでくれる。また、柔らかめのクッションを選んだほうが、お尻に車の振動が伝わりにくいので快適。

ただし、どの骨盤クッションを選んでも、いきなり長距離ドライブに出掛けるのは危険。短時間の運転で何度か試し、安全に使えることを確認しよう。

オフィスの椅子向け骨盤クッション3選

まずはオフィスの椅子に置いて使いやすい、背もたれのないクッションタイプを3つご紹介。オフィスに馴染む落ち着いた色味もポイント!

コスパ良し!スタンダードな骨盤クッション

人間工学に基づいた設計で、からだへの負担を軽減しながら骨盤をサポートしてくれる低反発クッション。適度な反発力のあるウレタン素材で、長く使ってもへたれにくく、コスパ良し。通気性がよく、長時間座っていても蒸れないのも嬉しい。

フィット感で選ぶならエアークッション

空気量を調節して、自分好みのフィット感に。カイロプラクティックのメソッドで骨盤の傾きをアシスト。バランスボールに座っているような感覚で、無意識のうちに背すじが伸びて、姿勢の改善が可能。

低反発&ハイドロGELで抜群のクッション性

高密度低反発素材と、ランニングシューズにも使われるショック吸収ゲルによるダブルクッション。ゲル部分は荷重を分散するだけでなく、余分な熱を吸熱発散もしてくれるため、長時間座っていても快適。肌触りのいいコットンカバーと通気性のよいメッシュカバーの2種類がついているので、用途や季節に合わせて使い分けも可能。

床での使用におすすめクッション4選

床で使うなら背もたれがあるものを。疲れにくい背もたれが高いタイプと、腹筋トレーニングにも効果的な背もたれの低いタイプの両方をご紹介。

北欧風カラーのインテリア座椅子

背骨のカーブにしっかりフィットする、高い背もたれが特徴。インテリアに馴染むファブリック生地とコンパクトなサイズ感で、存在感を放ちすぎないところも嬉しい。リクライニング機能を使えば、背中のストレッチにも。

楽に脚を伸ばせる高さの座椅子

骨盤と背骨を包み込むデザインで、姿勢をしっかりサポート。人間工学に基づいて、角度・高さにこだわった座椅子は座り心地も抜群。座面がやや高めで、脚を前に伸ばしやすい。ロータイプとハイタイプがあるので、生活スタイルに合わせて選ぶのも◎

スポーツメーカーが作った座椅子

スポーツメーカー・MIZUNO(ミズノ)が作った骨盤クッション。座ってもたれることで腹筋トレーニングが可能。30秒もたれると腹筋5回分に相当するんだとか。お部屋で何も準備せずにいきなり腹筋トレーニングができて、片付けも必要なし。もちろん骨盤をしっかり立たせてくれる作りなので、姿勢の改善にも。

リラックス&エクササイズ&ストレッチ、全部できちゃう座椅子

東急スポーツオアシスが開発した骨盤チェア。14段階のリクライニング機能によって、骨盤矯正・エクササイズ・ストレッチなど様々な動きに対応できる。座ってゆらゆら左右にゆれることで、腹斜筋のトレーニングにも。

車用骨盤クッション3選

最後に車専用の骨盤クッションを3つご紹介。身動きのとりにくいドライブ中に重宝すること間違いなし!

リーズナブルな車用クッション

低反発で沈み込みすぎないため、長時間のドライブでも疲れにくい。カバーがメッシュタイプなので蒸れにくいところも嬉しい! 車以外でも使えてリーズナブルなので、お試しとして使ってみるのもおすすめ。

フル装備したくなる低反発の車用クッション

フィット感を求める人におすすめな、柔らかめの低反発クッション。座面はベルベット素材なので、肌触りも気持ちいい。同じシリーズで背もたれ・腰当ても。クッションが気に入ったら、フル装備してもいいかも。

背中もサポートできる車用クッション

特に車に乗る時間が長い人におすすめな、自然にもたれるだけで背中までサポートしてくれるタイプ。骨盤を安定させ、背骨のS字をきれいに保ってくれる。1万円台で買えるので、ドライブ好きの彼へのプレゼントにも◎

 
こちらの記事もおすすめ

この記事で紹介した商品